学生ローンの審査

急な出費に使用できる学生ローンの審査基準

各金融機関のローンの金利などを比較検討

急な出費があった時、学生ローンが利用出来ればとても助かります。

利用する金融機関によって金利や審査内容などが異なりますので、慎重に検討する必要があります。

大きく分けると銀行、信販会社、消費者金融などで学生ローンが用意されています。

基準は公表されていませんが、銀行はやや厳しい傾向にあり、消費者金融が緩い傾向にあります。

緩い分、金利が高めに設定されています。

また目的別学生ローンもあります。

目的が決まっている事が条件となりますが、金利が低く設定されていますので、上手に利用すると良いです。

申込みから借り入れまでの流れを把握

申込みから借り入れまで、全てインターネットから出来るタイプのものもあります。

実際に店舗に出向く必要がない分、気持ち的にハードルは低くなります。

借り入れ限度額に関しては、審査によって決定します。

他に複数の借り入れ等があると難しい場合があります。

またほとんどが、申込みをして、仮審査は即日結果が出ます。

その後順調に進めば、契約となります。

急ぎの場合は、その旨伝える事で対応してもらう事が可能な金融機関もあります。

学生ローンの審査はその機関によって様々です

まず初めに色々な金融機関の情報を調べましょう

お金を借りるに至っては、沢山の金融機関の情報を調べた上で契約する事が重要です。

その機関によって審査が異なったりするため、差が出る事が多々あります。

なので、今の自分に置いて、1番条件が良い会社選びが大切で、それを探すために情報を得る事が大事です。

また借り入れには、何時でも借り入れできる学生ローンのタイプが殆どと言えます。

但し借入する際には必ずと言って良い程ATMを利用する為手数料の事や近くでそのカードが提携しているATMが設置されているかそう言った事が後々大切になる為、よく目を通しましよう。

借りれする際には計画を持った考え方で

その時にはどうしても借りたい一心で契約しがちですが、契約する以前にやっておかなくてはいけない事が有り、それを見落とすと後々痛い目に合う事もしばしばです。

なので借入する際にはまず金利、手数料、そして近くに返済できるATMがあるかを調べてをく必要があります。

特典が大気かった理由だけでは、その時は良くても後で損ばっかりするのであれば意味がありません。

なので計画を持って考える、出来るだけ無駄の無い返済を心掛ける事がうまい利用の仕方と言えるのでは無いでしょう。

本気で合格を目指すなら信用を落とさないこと

信用情報は返済能力以上に重要です

学生ローンの審査は基本的に年収と借金からの返済能力を問われますが、それ以上に重要になると考えておきたいのが信用情報です。

信用情報というのは金融会社の利用履歴のような感じであり、3つの信用機関に利用記録が保管されます。

債務整理をすると、その記録が5年や10年残るなど、各信用機関によって記録の保管年数などに違いがあります。

審査の過程で必ず申込者の信用情報を確認されることになり、ここでネガティブな情報が見つかると不合格になりやすいです。

意識すべきことはたった1つだけです

学生ローンの審査で不利にならないためにも、自分の信用情報をクリーンに保つ必要があります。

そのためにやるべきことは、金融会社で融資を受けたら約定日に遅れないようにするだけです。

これだけを守り続けることができると、信用に傷が付くことはありません。

例外となるのは、遅延行為をしなくても返済不能になってしまい、その場で債務整理をするケースだけです。

一般的には先に遅延行為をしてから債務整理の流れが多いです。

銀行学生ローンは年収と同額融資でも合格可能

簡単に申し込むなら銀行の収入証明書不要がオススメ

銀行学生ローンを探すと、収入証明書が不要でOKとなっている申込先が見つかります。

こうした申込先では、指定されている融資額までなら身分証明だけで申し込むことが出来るので便利です。

例えば、100万円までなら収入証明書不要となっている場合、これは他社借入を含めて100万円以下になるなら収入証明書がいりません。

また、これに対する審査基準の考え方として、100万円の融資に対して100万円の年収でも合格を目指せます。

銀行の少額融資は所得が低くても可能性があります

銀行で収入証明書不要の学生ローンへ申し込めば、所得が低い方でも合格できる可能性が高いです。

まず、銀行は総量規制外なので100万円以下の少額融資なら、収入証明書不要で収入を問われない可能性があります。

また、総量規制外によって50万円の年収で50万円を借りるなど、年収と融資額がイコールになるケースもあります。

これは利用実績からの増額までを考慮すると、誰にとってもあり得る内容です。

銀行は審査が厳しいと言われますが、実は逆に消費者金融よりも少額融資においては合格しやすいです。

債務整理後でも合格できる可能性は無くもない

債務整理後は本当に不利な状況です

債務整理をすると信用機関に記録が残ります。

これによって債務整理後に学生ローンへ申し込みをしても、信用機関の情報を確認されることから不合格になることが多いです。

そのため、何が理由であろうと債務整理をしたら、将来的に一定の期間は融資を受けることが難しいことを想定しておく必要があります。

しかし、債務整理後であっても絶対にお金を借りられないわけではありません。

これは各社の審査基準の違いを逆に利用して、借り先を探すのが得策です。

口コミ情報から申込先を探すのが賢い

債務整理をしたことで信用に傷が付いているなら、これは審査基準が甘いであろう借り先を探しておくのが理想です。

基本的に合格しやすい借り先というのは各社の情報を見るだけでは絶対に分かりません。

これは各社が合格の基準を公開していないからです。

そのため、ユーザーの口コミ情報を活用しながら合格できそうな申込先を探すことが大事です。

また、学生ローンの限度額の希望額を少額に抑えておくと、高額融資を希望するよりは合格率が高くなります。